インターネットキャッシング

どうしてネットキャッシングは担保・保証人が不要なの?


ネットキャッシング 最新情報 >

どうしてネットキャッシングは担保・保証人が不要なの?

現在では、担保や保証人が不要というのがキャッシングでは一般的となっています。
昔は、「借金の連帯保証人には絶対になってはダメ!」というのが、よく言われました。

必ずと言ってよいほど、お金を借りる際には、担保や保証人が必要だったのです。
もしも借り入れした方が借金の返済をできなくても、代わりに保証人の方に支払っていただくためです。

キャッシング会社も損をしないですし、何とか穏便に済ませることができますよね!
しかし近年の担保・保証人が不要というのは、それなりに訳があるのです。

例えば、銀行などもほとんど貸付条件/利用対象者の枠に「保証会社の保証を受けられる方」と書かれており、もし利用者が返済を延滞・滞納した場合はその保証会社が代わりに銀行へ借金を返済する(代位弁済)をおこなってくれます。
そんなときのために銀行は、利用者が支払った利息の中から決められた保証料を保証会社へ支払っているのです。

見方を変えれば、それは遠回しに利用者がお金を払って連帯保証人を付けているのと何ら変わりません。
結局、保証会社が肩代わりした借金は、今度は利用者が保証会社に対して返済していかなければならない訳です。

それもこれまでより、金利が高い特例の内容で請求されますので、なおさら返済が厳しくなるのはやも得ません。
こうして、ネットキャッシングは担保・保証人が不要となっているのです。

ネットキャッシングで借り入れした際は、絶対に延滞や滞納はしてはいけません。
それは、保証会社のお世話になるようになると、少々の返済では完済ができなくなってしまうからです。

総量規制と担保・保証人の関係

担保・保証人が不要になった背景には、貸金業法の改正が影響しています。
以前は、返済ができずに金銭トラブルも多く自殺者も多くでました。

そこで返済ができない無理な貸付を制限する総量規制という制限が設けられました。
こうして、担保・保証人をつけて人間関係を壊してしまう不安な面も排除した訳です。

貸金業法の改正後の現在では、ほぼ担保・保証人は不要という金融商品がほとんどになり、金銭トラブルもかなり軽減されました。
昔のようなサラ金屋といった消費者金融会社のイメージは脱して、現在ではクリーンなイメージで有名な芸能人もテレビCMなどで起用したり、女性のためのレディースキャッシングでは対応も全て女性という徹底ぶりで、安心して信頼感が持てるような専業系会社へと生まれ変わったのです。

キャッシング自体が、身近な存在となりたくさんの利用者が求めて利用するように様変わりしました。
総量規制は、貸金業に対しての法律ですから銀行のカードローンは対象となりません。

そのため、銀行では収入にとらわれずに大きな借り入れができるので、収入が少ない主婦やパート・アルバイトの方、複数からの借り入れをしてしまい銀行でおまとめや借り換えを希望する方が増えました。
銀行は銀行業務の中で無理のない貸付をおこない、返済までのサポートをしてくれます。

金利も低く借り入れした際にも返済の負担が少ないことから、銀行の審査は他社に比べて厳しいことがあげられます。
こうしてみると、専業系金融会社(元、消費者金融会社)は借り入れがしやすいかわりに返済へのリスクも高いことがあげられ、銀行は審査が難しいなどありますが返済への負担はすくないといった特徴があります。

いずれからの借り入れでも決して、無理はしてはいけません。
現在の金融商品は、そんなにリスクは高くありません。
もし無理だと感じたときは専門家に速やかにご相談しましょう。
 


オリックスのカードローン お申込みはこちら


Copyright (C) どうしてネットキャッシングは担保・保証人が不要なの? All rights reserved
インターネットキャッシングなら来店不要、誰にも会わずお借り入れ、初めての方や女性でも安心してご利用いただけます。